online-amoxicillinamoxil.net

周りの敷地を調べて住まいを快適にする

北向きの住まいは眺望を意識した建物

周りの敷地を調べて住まいを快適にする 一戸建ての場合は一つの建物の中で暮らします。ですから東西南北の方向に壁や窓があります。必ずしも同じ環境ではありませんが、どこかに日差しが入ってくるところがあります。マンションの住まいの場合は日差しが入ってくるのは基本的にはベランダのみです。角部屋の場合は壁側に窓がありそちらから入ることもあります。タワーマンションだと四方にベランダが設定されています。

マンションの中で北向きの建物はかなり少なくなります。北向きに建てるなら南向きを選択することが多いからです。南向きは1日を通して日当たりがあるのに対して北向きは日当たりは期待できません。暗いイメージがありますが、晴れた日は真っ暗になるわけではありません。日が差し込むより暗くはなりますが、まったく過ごせないほどでもありません。

北向きで建てられる場合には眺望を意識した建物が多いようです。南向きだと工場などあまり眺望がよくなく、北向きに自然があるようなところなら北向きに建てられる場合があります。理由があるはずですからそれが自分の好みに合うならお買い得になります。日当たりは住まいの中では重要な要素です。日当たりが少ないことから物件価格が安く設定されることがあります。

【参考】