online-amoxicillinamoxil.net

周りの敷地を調べて住まいを快適にする

東向きの住まいのいいところと悪いところ

周りの敷地を調べて住まいを快適にする 太陽が昇るのは東になります。季節によって上る位置は少しずつ変化することがありますが大体同じような位置から昇り始めます。住まいを選ぶときには東向きの住宅を選ぶことが多くあります。その理由としては日当たりがよいからです。確かに東から昇る朝日をしっかりと見ることができます。朝に起きた時に朝日を見ると体内時計がリセットされるため体調がよくなるといわれます。

東向きの住まいの最も良いところとしては洗濯物を干しやすいところです。午前中に洗濯をすることが多いですが午前中はしっかりと日が当たってくれます。ですから夏場であれば数時間で乾いてしまいます。冬場の場合は多少時間がかかることもありますが、曇っていなければ半日もあれば乾かすことができます。午前中は明るい中で過ごすことができます。

太陽は東から昇って西に沈みます。東向きの場合は昼頃から少しずつ日差しが弱くなり2時くらいになると全く太陽が見えなくなります。午前中に比べると明るさが足りなくなることがあります。冬は少し寒く感じることも出てきます。日差しは常にありがたいわけではなく夏場の暑さは困ります。東側なら午後から少しずつ日差しが弱まってそれほど暑くなく過ごせます。空調費用も抑えられます。